YouTubeの動画制作

YouTubeの動画制作

YouTubeの動画制作

YouTubeに動画投稿をする場合、どのぐらいの料金がかかってくるのでしょうか?

動画制作といっても、ピンからキリまであり、動画の長さも数十秒のものから1時間以上のものまで様々です。

YouTubeの動画制作料金

YouTube動画制作料金

YouTubeに動画投稿をする場合、どのぐらいの料金がかかってくるのでしょうか?

動画制作といっても、ピンからキリまであり、動画の長さも数十秒のものから1時間以上のものまで様々です。

自分で動画を撮影し、編集もする場合はほとんど費用はかかりませんが、膨大な作業時間が必要となってしまいます。

YouTuber志望の方の場合

YouTuber志望の方の場合

企業のPRとして動画を作成したり、企画も考えたいと考えているYouTuber志望の方の場合、なかなかそこまでの時間を捻出するのは難しいでしょう。

多くの場合は、映像制作会社に依頼するのが基本となってくるはずです。

YouTubeに投稿する動画を映像制作会社に依頼する場合の料金

YouTubeに投稿する動画を映像制作会社に依頼する場合の料金

YouTubeに投稿する動画を映像制作会社に依頼する場合の料金について見ていきましょう。

YouTubeの動画制作を動画・映像制作会社に頼む場合の最低料金

動画・映像制作会社に動画を制作してもらう場合、最も安くで考えても5万円程度となってきます。

動画・映像制作会社に動画を制作してもらう場合、最も安く!

動画・映像制作会社に動画を制作の価格

動画・映像制作会社に動画を制作してもらう場合、最も安くで考えても5万円程度となってきます。

この価格の場合、

撮影なし
最低限の編集
短い再生時間
の動画となってしまいます。

そのため、理想としている動画を作成できるケースは稀といえるでしょう。

YouTube video production

クオリティを追求すると料金

クオリティを追求すると料金は青天井
動画のクオリティや演出にこだわればこだわるほど、料金は高くなります。

動画の時間が長くなれば長くなるほど料金は高くなりますし、アニメーション・CGを加えた演出は短時間であっても複雑なものであれば真っ青になるほど高価な場合も。

そのため、動画の尺や演出は本当に必要な物のみ入れ込むのが正解です。

あれもこれもとこだわってしまうと、それこそ動画一本で100万円以上になってしまうため、何が必要なのかは動画・映像制作会社とよく相談して決めていくといいでしょう。

YouTube video production

YouTubeの動画制作にかかる料金の内訳は?

動画・映像制作会社に依頼する際に、見積もりの内訳をよくわかっていれば話がスムーズです。

その上、どこにどんなお金がかかってくるのかわかっていれば、自分たちでできそうな部分は制作会社には依頼しないという選択肢も出てきます。

動画制作にかかってくる費用の内訳をしっかりと理解して、無駄のない費用で動画を制作できるようにしていきましょう。

ここからは、料金の大まかな内訳について詳しく紹介していきます。

YouTube video production

YouTubeの動画制作にかかる料金

①企画・台本
ここ最近のYouTubeで、重要視されているのが動画の企画です。

動画でどんなことをするのかを決める、いわば動画の設計図のようなもので、この部分がしっかりしていないと何を伝えたい動画かわからなくなってしまいます。

明確に伝えたいことが決まっているのであれば、それほど費用はかかってきませんが、1から何をするのか決めていくという場合はそれなりの費用がかかってくるでしょう。

「動画で伝えたいこと」は動画・映像制作会社ではなく、自分たちで決めておいたほうが軸がブレない動画が出来上がるはずです。

企画がしっかりと決まった上で、動画の流れが決まり、台本ができてきます。

この辺りの流れは、なれていなければ難しいかもしれません。難しければ、制作会社と相談しながら作り上げていくのがおすすめです。

YouTubeの動画制作にかかる料金

②キャスティング
台本が決まれば、次はキャスティングです。

人を使った撮影やナレーションを加える場合は、当然役者や声優をキャスティングする必要があります。

役者や声優のレベルによって料金は大きく異なってきます。

有名人や芸能人を起用する場合はかなりのコストがかかって来ますし、人数が増えてもコストは掛かるので注意しましょう。

もちろん、役者や声優を使わない場合はこの費用はかかりません。

YouTubeの動画制作にかかる料金

③動画撮影・編集
動画の撮影、編集は、設備や複雑さで大きく料金が変わってきます。

一眼レフカメラ1台あれば十分な撮影から、映画撮影のような本格的な機材で撮影しなければならない映像まで、その幅は様々です。

コストを抑えたいのであれば、余計な演出は控え、機材をあまり使わない撮影方法を選択したいところ。

編集もシンプルな字幕やカット編集であればそれほど費用はかかりません。

しかし、独自のモーションを加えた字幕や派手な演出が入ってくるとかなりの費用がかかってくるので注意。

ここでも、「伝えたいことはなにか」をしっかりと考えた上で、必要な撮影や演出を制作会社と相談したいところです。

YouTubeの動画制作にかかる料金

④CG・アニメーション
動画の時間に対して料金が上がりやすいものがCG・アニメーションです。

なぜなら、CG・アニメーションは撮影とは違って1コマ1コマ作り上げていく必要があり、たった数秒の動画であってもCGやアニメーションには膨大な制作時間がかかってくるから。

料金が高くなりやすい一方で、撮影だけでは表現できないものを作り上げられるのがCG・アニメーションの良さです。

そのため、強調したいポイントやここは注目してほしいというポイントでCGやアニメーションを入れてあげるといいでしょう。

全編アニメーションで表現したいという場合は、莫大なコストがかかるのを忘れないでください。



    Select the fields to be shown. Others will be hidden. Drag and drop to rearrange the order.
    • Image
    • SKU
    • Rating
    • Price
    • Stock
    • Availability
    • Add to cart
    • Description
    • Content
    • Weight
    • Dimensions
    • Additional information
    • Attributes
    • Custom attributes
    • Custom fields
    Compare
    Wishlist 0
    Open wishlist page Continue shopping