Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

Blog

Webデザイナーになるには

Webサイト制作・リニューアルにおいて 大切にしていること
Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるまでの道のり
Webデザイナーになるためには特別な資格は必要ありません。

そのため、Webデザイナーの求人に応募し、採用してもらえればWebデザイナーとして働くことができます。

ただし、未経験で作品として公開できるようなものもないなら採用は難しいです。

未経験でも、デザインやWebの制作に必要なHTML、CSSなどのスキルがあることを示すために、作品を集めたポートフォリオの作成が必要です。

また、資格があれば有利ですので、「ウェブデザイン技能検定」や「カラーコーディネーター」などの資格などを取得しておくとよいでしょう。

最近はWebデザインだけの仕事は減っていますので、DTPなどの他のデザイン分野や、プログラミングなどの知識もあると仕事の幅が広がります。

Webデザイナーになるまでのルート

Webデザイナーの資格・難易度
Webデザイナーになるために資格や学歴は特に必要ありませんが、資格の学習を通して実力がつきますし、また客観的な実力を証明するためにも有効です。

「ウェブデザイン技能検定」はWebデザイン分野で唯一の国家資格で、資格取得者は高いスキルを持ったデザイナーとして評価されます。

「カラーコーディネーター」は色彩の効果を生活やデザインに取り入れる知識や能力を示す資格で、1~3級まであります。

デザイン業だけでなく、インテリア業、建築業、小売業などでも活用できる人気資格です。

関連記事
Webデザイナーを目指す人におすすめの資格や検定は?

Webデザイナーになるための学校の種類
Webデザイナーになるために、専門の学校でデザインを学ぶ人も多いです。

専門学校や、社会人向けのスクール、情報系の大学や短大などで学ぶことができます。

基本的には専門学校やスクールで専門のコースを履修し、半年~3年ほどかけてデザインの考え方やさまざまなツールの使い方を修得します。

一般的にデザイン系のコースでは、デザインソフトが必要となり、実習なども多いため、学費はビジネス系のコースよりも高くなります。

スクールは半年で30~50万円くらいのコースが多く、専門学校も年間50~80万円くらいで、2~3年ほど学ぶのが一般的です。

就職のサポートやあっせんも行ってくれる学校も多く、卒業後の就職は比較的スムーズです。

関連記事
Webデザイナーになるための学校と費用(大学・専門学校・スクール)

Webデザイナーに向いている人
制作が好きな人
何かを作ることに喜びを感じられる人はWebデザイナーに向いた性格の持ち主です。

制作作業ではさまざまな作品を作りますが、その過程を面倒に思わず、愛情をもって作品を作れる人でなければスキルアップも結果を残すことも難しいからです。

センスのよい人
Webデザイナーが必要とされる最大の理由は、センスよく素敵なWebサイトを作ることは誰にでもできるわけではないからです。

そのため、センスのよいデザインを考案し、形にできる人はWebデザイナーとして成功しやすい人といえます。

関連記事
Webデザイナーに向いている人・適性・必要なスキル

Webデザイナーのキャリアプラン・キャリアパス
Webデザイナーは、まずアシスタントやWebデザイナーとしてWeb制作会社で数年勤務します。

その後、一人前となって、仕事の質を高め、対応できる業務の幅を広げます。

そして、それぞれの長所に応じて、制作現場を管理するWebディレクターや、制作の企画・提案をするWebプロデューサーやWebプランナー、大規模案件のデザイン責任者となるアートディレクターなどの職種にステップアップします。

フリーのWebデザイナーとして独立する人や起業する人も多いです。

Webデザイナーを目指せる年齢は?
Webデザイナーを目指す上で年齢に制限はありませんが、Webデザイナーを目指すなら若いうちがよい、というのが一般的な見解です。

デザインやプログラミングなどの新しい技術や知識を常に学び蓄積する必要があることから、時間に余裕のある20~30代前半で目指す人が実際多いです。

趣味や副業として行う上では年齢はこだわる必要はありませんが、制作会社の求人などでも若い年代が中心になっています。

Webデザイナーは高卒から目指せる?
Webデザイナーは学歴不問の世界ですので、実力があれば中卒や高卒からでも十分に目指すことが可能です。

ただし、デザイナーとして働いていると、高度な思考力や、クライアントの事業や業界への理解を求められる案件も多く出てきます。

大学や専門学校の卒業は必須ではありませんが、社会人として思考力やマナー、ビジネススキルが低ければ任される業務の幅が狭くなりますので、常に学ぶ努力は必要です。

Webデザイナーは女性でもなれる?
Webデザイナーは女性も多い職種で、結婚をしてからも派遣・アルバイトやフリーランスなどで働きやすいこともあって人気があります。

仕事上の男女差はほとんどありませんが、化粧品やスイーツ、アパレルの案件など女性らしい感性が求められる場合は、女性デザイナーが有利なことも多いです。

一方で、繁忙期や短納期案件の場合は男性ほど体力的に無理が利かないことも多いため、体調管理には十分注意することが大切です。

Leave your thought here

メールアドレスが公開されることはありません。

Popular tags

1つのWEBサイトを作るのには、どれだけの時間がかかるもの? alt属性とは?画像検索の対策 business DTPデザイナーが陥りがちな残念なWebデザイン IT Security IT services ITで働き方改革!クラウド、テレワークの新しい仕事の形とは LP(ランディングページ)って何? Pythonでできることって何だろう? Pythonとは?大人気プログラミング言語のメリット Webサイトの制作って、なぜこんなに高いの?! Webサイトを更新したのに反映されない?それ、キャッシュが原因 Webサイトを更新したのに反映されない?それ、キャッシュが原因かも…【PC編】 Webデザイナーの1日・生活スタイル WEB制作の現場で使われる用語をご紹介 WordPress(ワードプレス)でのホームページ制作・ウェブサイト制作 WordPressのメリットとデメリット WordPressを使ったホームページ作成のメリットデメリット 「デザインお願いします」と言われてデザイナーは何を考えてデザインしているの? この修正、お金かかるんですか? なんて名前? WEBサイトの基本パーツ名と導入時の注意点! イメージコピーとセールスコピーの違い クリック率とCV数をUP!サイトの入り口を飾る「titleタグ」「meta description」とは? コロナ対策のためにネットショップを素早く開設しよう!ECサイト構築 ネットワークエンジニアとは?ネットワークエンジニアの仕事内容と将来性 ネットワークエンジニアになるには資格が必要?おすすめの資格 フリーランスのWebデザイナーが仕事を効率良くする方法とは? ブログで使っているその画像は本当に大丈夫? プログラマーとは?プログラマーの種類と将来性 ペルソナってなに? 〜WEBサイトのターゲット ホームページとウェブサイトの違い! ホームページを制作する目的の重要性 ホームページ作成に失敗しないための、制作料⾦の費⽤相場と Web制作ツール・制作業者選定のポイント ホームページ制作で起きるトラブル事例と対策 ホームページ制作と動画や写真撮影などを一社でまとめるメリット ホームページ制作に関する著作権 ホームページ制作の注意点 企業にとってのホームページの役割と運用目的を再確認 働きながらWebプログラミングスクールに通う方法 初心者でも簡単!無料でホームページ作成ができるソフト 危険!Wordpressの更新は制作会社にご依頼ください。 古いサイトは何故ダメなのか 在宅でできるWebデザインを副業にしよう♪初心者におすすめの仕事は? 画像はリサイズして使いましょう! 〜重いサイトにしないために 結果が出ないホームページの初歩的なミス
Select the fields to be shown. Others will be hidden. Drag and drop to rearrange the order.
  • Image
  • SKU
  • Rating
  • Price
  • Stock
  • Availability
  • Add to cart
  • Description
  • Content
  • Weight
  • Dimensions
  • Additional information
  • Attributes
  • Custom attributes
  • Custom fields
Click outside to hide the compare bar
Compare
Compare ×
Let's Compare! Continue shopping