Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

音声検索対応ホームページ制作

音声検索対応ホームページ制作

音声検索対応ホームページ制作

音声検索結果に採用されるには、「ページの読み込み速度」を重視してSEO対策を行う必要があります。負荷の原因となる無駄なリソースを省いたり、AMP対応するなどしてWebページの高速化を図ることが大切です。読み込み速度だけでなく、検索クエリと関連性の高いコンテンツを提供することも重要な対策です!
音声検索結果に採用されるには、「ページの読み込み速度」を重視してSEO対策を行う必要があります。負荷の原因となる無駄なリソースを省いたり、AMP対応するなどしてWebページの高速化を図ることが大切です。読み込み速度だけでなく、検索クエリと関連性の高いコンテンツを提供することも重要な対策です!

デバイスに対してユーザーが音や声を通して投げかけることで欲しい情報をえれるシステムです。

音声検索対応ホームページ制作は音声検索が今後普及するために、自社のホームページを音声検索対応対策しませんか!
音声検索に特化したスマートスピーカー、Google からは「Goole Home」が発売されています!

2020年までには全ての検索の約50%を占めるとも言われています!

 

音声検索対応ホームページ制作とSEOにおける音声検索の傾向

音声検索
音声検索

音声検索対応ホームページ制作とページ表示速度に大きな役割を果たしている!

ソーシャルで人気のコンテンツが採用されやすい!ページ読み込み速度が音声検索アルコリズムに置いて、比重が非常に高く、検索結果に採用される為に特に重要な要素です!

 

音声検索対応ホームページ制作と音声検索に向けたSEO対策

ページ表示速度に大きな役割を果たしている! ソーシャルで人気のコンテンツが採用されやすい!ページ読み込み速度が音声検索アルコリズムに置いて、比重が非常に高く、検索結果に採用される為に特に重要な要素です!
ページ表示速度に大きな役割を果たしている!
ソーシャルで人気のコンテンツが採用されやすい!ページ読み込み速度が音声検索アルコリズムに置いて、比重が非常に高く、検索結果に採用される為に特に重要な要素です!

音声検索対応ホームページ制作と音声検索結果に採用されるには、「ページの読み込み速度」を重視してSEO対策を行う必要があります。負荷の原因となる無駄なリソースを省いたり、AMP対応するなどしてWebページの高速化を図ることが大切です。読み込み速度だけでなく、検索クエリと関連性の高いコンテンツを提供することも重要な対策です!

 

音声検索対応ホームページ制作と音声検索の利用は国民性もある

実際のところ、日本国民は音声検索の利用が恥ずかしく消極的な為、利用者が少ないというのが現状のようです。利用者が一定数存在する限り、そのユーザーを集客する為には音声検索のSEOが必要となります。 通常の検索を重視していれば、音声検索でもある程度評価されます!
実際のところ、日本国民は音声検索の利用が恥ずかしく消極的な為、利用者が少ないというのが現状のようです。利用者が一定数存在する限り、そのユーザーを集客する為には音声検索のSEOが必要となります。
通常の検索を重視していれば、音声検索でもある程度評価されます!

音声検索対応ホームページ制作と実際のところ、日本国民は音声検索の利用が恥ずかしく消極的な為、利用者が少ないというのが現状のようです。利用者が一定数存在する限り、そのユーザーを集客する為には音声検索のSEOが必要となります。

通常の検索を重視していれば、音声検索でもある程度評価されます!

 

アレクサAmazonAlexa

アレクサ
アレクサ

 

Alexaに話しかけてみましょう。HEOSアプリで設定したHEOSの名前(リビングルーム、キッチン、ベッドルームなど)と、操作を話しかけてみます。
「アレクサ、キッチンで音楽を流して!」と言うと、
「Amazon Musicより、おすすめのプレイリスト『暑さを乗り切るハードロック』をキッチンで流します」とAlexaが答えて、ハードロックがHEOSから流れ始めました。

今度は「アレクサ、リビングルームで音楽を流して」というと、
「Amazon Musicで最近再生した『ジャズ名曲20選』を再生します」と答えて、再生を開始しました。
Alexaに話しかけて操作したいHEOSデバイスの名前と、操作内容を話すと、そのとおりに再生します。これはかなり便利。家事などをしながらBGMを流すのにピッタリです。

音声認識の内容は「アレクサ、ストップ」「アレクサ、次の曲かけて」といった操作系から、「音楽をかけて」という漠然とした指示、さらにアーティスト名やアルバムタイトル、曲名などを指定して再生することもできました。またAmazon MusicだけでなくTuneInにも対応しているので、インターネットラジオを声で再生することもできました。
※ Amazon Musicのご利用には別途登録・契約や料金が必要な場合があります。

HEOSをお持ちの方はぜひAlexaでの音声コントロールを試してみてください。かなり未来的で便利です。

現在Alexaに対応しているHEOS搭載製品は以下の通りです。

ネットワークCDレシーバー:RCD-N10
ネットワークオーディオプレーヤー:DNP-800NE
AVアンプ(2016年モデル):AVR-X4300H、AVR-X6300H
AVアンプ(2017年モデル):AVR-X1400H、AVR-X2400H、AVR-X4400H、AVR-X6400H
AVアンプ(2018年モデル):AVR-X1500H、AVR-X2500H、AVR-X4500H、AVC-X6500H、AVC-X8500H
ワイヤレススピーカー:HEOS 1、HEOS 3
ワイヤレスプリアンプ:HEOS LINK
サウンドバー:HEOS HomeCinema

Alexa+HEOSでは、以下のような話しかけ(発話)に対応します。
「アレクサ、リビングルーム※で音楽をかけて」
「アレクサ、ダイニングルーム※で(アーティスト名)の曲をかけて」
「アレクサ、キッチン※で(アーティスト名)の(アルバム名/曲名)をかけて」
「アレクサ、オフィス※で(アーティスト名)の2015年の人気の曲をかけて」
「アレクサ、オフィス※の音量を上げて」
「アレクサ、次の曲」
「アレクサ、この曲をリピートして」
「アレクサ、ストップ」
「アレクサ、この曲何?」
「アレクサ、ベッドルーム※でリラックスできるプレイリストかけて」
「アレクサ、ガレージ※でジャズをかけて」
「アレクサ、ガレージ※で90年代のJ-POPをかけて」
※ HEOSデバイス(部屋)の名前はHEOSアプリから設定することができます。

 



    Select the fields to be shown. Others will be hidden. Drag and drop to rearrange the order.
    • Image
    • SKU
    • Rating
    • Price
    • Stock
    • Availability
    • Add to cart
    • Description
    • Content
    • Weight
    • Dimensions
    • Additional information
    • Attributes
    • Custom attributes
    • Custom fields
    Click outside to hide the compare bar
    Compare
    Wishlist 0
    Open wishlist page Continue shopping