Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

Blog

ネットワークエンジニアになるには資格が必要?おすすめの資格

コンテンツ重視
ネットワークエンジニアになるには資格が必要?おすすめの資格

ネットワークエンジニアになるには資格が必要?おすすめの資格

ネットワークエンジニアになるには資格が必要?おすすめの資格

ネットワークエンジニアになりたい、でも何から始めたら良いか分からない。そのような場合は、まずネットワークエンジニア関連の資格を取ることをおすすめします。ネットワーク技術は多岐に渡るため、目指したい技術分野に適した資格を取ることが重要です。では、ネットワークエンジニアに役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、ネットワークエンジニアにおすすめの資格と難易度についてご紹介します。
ネットワークエンジニアになるには資格が必要?
ネットワークエンジニアになるには資格が必要
ネットワークエンジニアになるために、資格は必ずしも必要ではありません。仕事をする中で知識と実績を積み上げていくことが、実質的な資格の役割を果たすこともあります。しかし、自分の技術力を客観的に正しく評価してもらう、あるいはアピールするためには、資格が有効になることもあります。企業としても有資格者を欲しがるでしょう。

未経験の新入社員を「最短距離で最前線へ」導く

Web・IT未経験者を、短期間で業界のトップランナーに育成する。それこそがインターネット・アカデミーが最も得意とすることです。あらゆる業界の人事担当者に選ばれ続けているその理由と、他のスクールとの違いをご紹介します。

ネットワーク業界で評価される資格と難易度
ネットワークエンジニアとしての能力が高く評価される代表的な試験・資格には、Cisco Systems社が認定する「シスコ技術者認定」や、国家資格である「ネットワークスペシャリスト」があります。それぞれの資格の詳細や難易度についてご紹介します。
1.シスコ技術者認定
シスコ技術者認定
Cisco Systems社のネットワーク機器を使用している企業は非常に多いため、Cisco Systems社の認定資格はネットワークエンジニアにとって重要な資格と言えます。

シスコ技術者認定は、難易度によっていくつかのレベルに分かれています。なお、下位レベルの資格を持っていないと、上位レベルの試験を受けられない仕組みです。そのため、以下の順にステップを踏み、資格を取得することになります。

CCENT
ネットワークエンジニアになるためのエントリーレベルの資格です。最低限の知識を有する証明になります。
CCNA
ネットワークエンジニアとして評価される基礎レベルの資格です。指示を受けながら作業できるレベルの方に向いている資格です。
CCNP
ネットワークエンジニアとして評価されるCCNAの上位資格です。能動的に仕事をするためには、この資格が必要です。1人で作業ができるレベルであることを表します。
CCIE
ネットワークエンジニアにとって最も評価される最上位資格です。国際的にも通用する資格であるため、所持していれば海外でも一流のネットワークスペシャリストとして評価されます。
2.ネットワークスペシャリスト試験
ネットワークスペシャリスト試験
ネットワークスペシャリスト試験は、経済産業省による国家試験「情報技術者試験」の1区分です。国内で実施されるネットワークに関する試験の中では、最難関のスキルレベル4に相当します。

受験資格はなく誰でも受験することができますが、独学で合格することは非常に困難な資格です。基本情報技術者試験(スキルレベル2)や応用情報技術者試験(スキルレベル3)から、順序立てて受験していくことが一般的です。

この資格を持っていれば、面接時に大きなアピールポイントになることは間違いありませんが、何から勉強を始めれば良いのか分かりにくいかもしれません。学習を効率良く進めていくためにも、専門のスクールに通うなどすべきでしょう。

すべての企業に最適なIT研修を。各社のご要望に合わせてご提案します。

未経験から2か月でWebサイトの内製化の対応、自社オリジナルのシステムに対応したIT人材の育成、データ分析のスペシャリストの育成、新しいWeb・IT部署の立ち上げなど大手企業の事例多数。自由なIT研修が組めるから、様々なご要望に対応致します。

持っていると有利な資格
ネットワークに直接関係なくともネットワークエンジニアの評価に影響する資格があります。例えば、LPIC(Linux技術者認定試験)などです。LPICが重宝される理由は、各種サーバーをはじめ、多くのIT機器がLinuxをOSとして使用しているためです。

LPICは世界共通の認定資格で、3段階のレベルがあります。ネットワーク関連資格に加えてLPICの資格取得も目指しましょう。

将来を見据えたインフラ設計を担う人材を育成 Linux研修

ネットワーク業界で評価される代表的な資格をご紹介しました。パソコンやスマートフォンはもちろん、テレビやプリンターなどの機器でもネットワーク技術が使用されるようになったため、これからも多くのネットワークエンジニアが必要とされるでしょう。転職のために資格を取得しようと考えている方、ITエンジニアとしてさらにステップアップしたいと考えている方、ぜひ、目標に合った資格を取得して、ネットワークエンジニアとしての活躍の幅を広げてください。

Leave your thought here

メールアドレスが公開されることはありません。

Popular tags

1つのWEBサイトを作るのには、どれだけの時間がかかるもの? alt属性とは?画像検索の対策 business DTPデザイナーが陥りがちな残念なWebデザイン IT Security IT services ITで働き方改革!クラウド、テレワークの新しい仕事の形とは LP(ランディングページ)って何? Pythonでできることって何だろう? Pythonとは?大人気プログラミング言語のメリット Webサイトの制作って、なぜこんなに高いの?! Webサイトを更新したのに反映されない?それ、キャッシュが原因 Webサイトを更新したのに反映されない?それ、キャッシュが原因かも…【PC編】 Webデザイナーの1日・生活スタイル WEB制作の現場で使われる用語をご紹介 WordPress(ワードプレス)でのホームページ制作・ウェブサイト制作 WordPressのメリットとデメリット WordPressを使ったホームページ作成のメリットデメリット 「デザインお願いします」と言われてデザイナーは何を考えてデザインしているの? この修正、お金かかるんですか? なんて名前? WEBサイトの基本パーツ名と導入時の注意点! イメージコピーとセールスコピーの違い クリック率とCV数をUP!サイトの入り口を飾る「titleタグ」「meta description」とは? コロナ対策のためにネットショップを素早く開設しよう!ECサイト構築 ネットワークエンジニアとは?ネットワークエンジニアの仕事内容と将来性 ネットワークエンジニアになるには資格が必要?おすすめの資格 フリーランスのWebデザイナーが仕事を効率良くする方法とは? ブログで使っているその画像は本当に大丈夫? プログラマーとは?プログラマーの種類と将来性 ペルソナってなに? 〜WEBサイトのターゲット ホームページとウェブサイトの違い! ホームページを制作する目的の重要性 ホームページ作成に失敗しないための、制作料⾦の費⽤相場と Web制作ツール・制作業者選定のポイント ホームページ制作で起きるトラブル事例と対策 ホームページ制作と動画や写真撮影などを一社でまとめるメリット ホームページ制作に関する著作権 ホームページ制作の注意点 企業にとってのホームページの役割と運用目的を再確認 働きながらWebプログラミングスクールに通う方法 初心者でも簡単!無料でホームページ作成ができるソフト 危険!Wordpressの更新は制作会社にご依頼ください。 古いサイトは何故ダメなのか 在宅でできるWebデザインを副業にしよう♪初心者におすすめの仕事は? 画像はリサイズして使いましょう! 〜重いサイトにしないために 結果が出ないホームページの初歩的なミス
Select the fields to be shown. Others will be hidden. Drag and drop to rearrange the order.
  • Image
  • SKU
  • Rating
  • Price
  • Stock
  • Availability
  • Add to cart
  • Description
  • Content
  • Weight
  • Dimensions
  • Additional information
  • Attributes
  • Custom attributes
  • Custom fields
Click outside to hide the compare bar
Compare
Compare ×
Let's Compare! Continue shopping